×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Elixir
第一章 パジェンズの医師 3



 自然の洞窟のようだった。
 湿った壁からは時折水滴が落ち、地面はぬめりを帯びていて、気をつけていないとすぐにでも足を取られそうだ。天井も高低が様々で、キルリアーナはともかく、三人の男たちが身を屈ませて進んでいくのは、ずいぶんと骨が折れそうだった。しかも一人は、ロイスを担いでいるのだ。
『愛の宿』はそもそも町のはずれにある。そこからそう遠くない林の中に、入り口となる縦穴があった。おかげで逃げることもできず、キルリアーナはバカ正直に男に付いて歩くことを余儀なくされている。前に一人、うしろに二人。さすがにこの狭さでは、逃げられるとは思わない。
 また、キルリアーナにはもう、逃げようという気はあまりなかった。彼らが賞金稼ぎなら、わざわざ洞窟へと入る必要もないはずだ。明らかに人目を忍んだ地下に潜り込むとなると、目的は金ではないのだろう。
 珍しいことではない。キルリアーナにとっての「客」は、こうして彼女に接近してくることが多いのだ。
「いつまで歩かせんだよ、おっさん」
 先頭を行く一人はランタンを携えているものの、その灯りでは、せいぜい円形をぼんやりと照らす程度で、穴がどこまで続いているのかなどまったくわからない。問いを投げてみるが、男はこちらを振り返ることはなかった。
「もう少しだ」
 短く返される。そこには焦りがにじみ出ていた。そういえば急いでいるといっていたと、キルリアーナは思い出す。事態は急を要するのだろうか。
 先がわからないというのは、おもしろくないものだ。キルリアーナは舌打ちした。しかし、期待に胸が高揚しているのも確かだった。
 この先に、客がいる。
 彼女にとって、客は欠かすことのできない存在だ。
「……む?」
 不意に、背後で声がした。
「こいつ、もう目ぇ覚ましやがった」
 忌々しげに男がいう。ロイスが目覚めたのだろう。キルリアーナが歩きながら振り返ると、ロイスは男の肩で暴れようとしているところだった。うまくいかないようで、まるで駄々をこねる子どものように、じたばたと手足を動かしている。
「離したまえ! 不意打ちとは卑怯な……! キル、約束通り、不埒な輩はこの僕がすぐにやっつけて……」
 威勢良く吠えるが、完全に口だけだ。
 ぜひやってみていただきたい気もしたが、無理なのは目に見えていた。キルリアーナは前へと視線を戻し、嘆息する。
「もう一度気絶させとけよ。そいつうるせえから」
 投げやりにいうと、うしろの男は困惑したようだった。
「……おまえ、こいつの仲間じゃないのか?」
「ないね」
 本気で願い下げだった。どうしてそういう話になってしまうのだろう。
「いや……うむ、落ち着こう。すまないね。少々取り乱してしまったようだ」
 意外にも、ロイスは迅速に平静を取り戻した。
「仲間かどうかという質問だが、もちろんイエスだ。僕の名はロイス。彼女とはボディーガードとしての契約を結んだところでね」
「結んでねえっつの」
 思わず振り返ると、暴れるのをやめたロイスは、いやに堂々と男に担がれていた。この状況でどうしてそこまで偉そうにできるのか、理解に苦しむ。
「しかしこれでは、彼女を守ることができない。よって、すぐに僕を解放したまえ。できないのならば、彼女に手出しはしないでいただきたいものだ」
 男たちは答えない。返す言葉がないに違いない。キルリアーナも閉口した。まったく常識を超えている。
「もうすぐだ、キルリアーナ・パジェンズ。いっておくが、オレたちは賞金稼ぎじゃない。金に興味がないわけじゃないが、こちらの要求を飲むのなら、悪いようにはしない」
 先頭を行く男が、ロイスのことには無視を決め込み、やや早口でいった。意識して淡々とした口調にしているようでもあったが、やはり声が焦りを帯びている。
「あんたが、どんな怪我も病も治すパジェンズの医師ならば、用件はわかるだろう」
 そう続けられ、キルリアーナは肩をすくめる。
「なかなか嬉しいご招待じゃねえの。喜んで、やらせていただくよ」
 正直な気持ちだった。久しぶりの客だ。自然と期待が高まっていく。
「……要するに、病人がいるということかな? 気に入らないな。それならば、手荒なことをする必要はなかっただろう」
 担がれている状態にも関わらず、ロイスのいうことはなかなか的を射ていた。前の男が初めて振り返り、キルリアーナを見下ろす。
「すまない。断られるわけにはいかなかった」
 あまりにも素直に、率直に謝られてしまい、キルリアーナはかえって居心地が悪くなった。別にと、言葉少なに返す。
 もうすぐだといっていたのに、道はさらに狭くなっていった。湿った壁に手をつき、身を屈めながら進んでいく。膝をついて這った方が早いのではないかと思われるほどだったが、巨体を丸めるようにして、男たちも器用に奥へと歩を進めていた。こんな場所にいったい誰がいるというのだろう。どうせもうすぐわかることではあったが、キルリアーナの頭は客のことでいっぱいだ。
 しかしそれでも、キルリアーナは気づいた。
 足を止める。
 ロイスを抱えたうしろの男と、さらにそのうしろとが、止まりきれずにぶつかった。その音で、やっと先頭の男が立ち止まる。
「どうした。この先だ」
「戻るぞ」
 きっぱりと、キルリアーナはいった。そのままきびすを返し、困惑している様子の二人を両手で押す。
「早く、ここから出ろ。病人のところにはオレひとりで行く」
「……? そんなことをいって、逃げるつもりじゃ……」
「ふざけんな」
 ごく低い声で、キルリアーナは一喝した。道がふさがっている状態で、逃げるのではないかと思われているようでは、どうしようもない。説得することも困難だろう。ほんの数秒考えて、服の袖を引きちぎる。
「ああ!」
 ロイスが情けない声をあげた。その声に、彼からもらったものだったと気づいたが、もう遅い。
「口と鼻、覆っとけ。おまえらの仲間と一緒になりたくなければ、できるだけ息をするな」
 腰に携えたナイフで素早く四つに切り分けると、三人の男と、ついでにロイスにも渡す。手を口にあてる仕草をして、早くと促した。
「ふむ、そういうことなら、従ったほうが良いのだろうな。しかしキル、君はいいのか?」
 いわれるままに布をあてて、ロイスがいう。キルリアーナは彼を一瞥した。
「あたりまえだろ」
 むしろ、そうでなくてはいけない。
「どういうことだ……この場所が問題だということか?」
「それじゃあ、ここにいたんじゃ、お頭たちは悪くなる一方ってことか」
 うしろの男が口々にいう。いわずともわかるであろうことをわざわざいう気にはならず、キルリアーナはただうなずいた。
「確かなんだな」
 先頭の男が、キルリアーナを見る。しかし、答えを求めてはいないようだった。すぐに、うしろの男たちに顔を向ける。
「おまえらは、すぐにここから出ろ。動けるやつらが一時的にでも避難できる場所を確保しとくんだ」
 迅速に指示を出し、後方を指さした。残り二人が見るからに戸惑った様子で顔を見合わせる。もう拘束の手がゆるんでいたのだろう、ロイスが身をよじるようにして、地面に降り立った。天井が低いので、屈んだ状態だ。それでも胸を張る。
「そういうことなら、愛の宿をお勧めするよ。あそこのレディたちは、お金さえ払えばだいたいなんでもしてくれる。僕の紹介だといえばいい」
 しかし、そこのレディが金と引き替えにキルリアーナを売ったのではないか。そうは思ったが、わざわざいうことでもないだろう。キルリアーナは黙ってことの成り行きを見守ることにする。
「おっと、僕はここに残るからね。さあ、行きたまえ」
 ロイスがまるで当然のように、来た道を手で示した。男たちはほんの一瞬迷ったようだったが、結局は身体を小さくして、急いでその場をあとにする。
「急ぐぞ」
 どうしてロイスは残るのかなどと問答している場合でもない。キルリアーナが短くいうと、男は緊張した面もちでうなずいた。先ほどよりもペースをあげて、進んでいく。
 やがて、空間がひらけた。
 道中が嘘のような、広々とした洞窟。灯りがなくとも、壁に張り付いた植物が光を発し、充分に内部の状態がわかる。
「これは……」
 ロイスが言葉を詰まらせる。ある程度予想していたので、キルリアーナは動じない。
 冷たい地面に転がっているのは、一人や二人ではなかった。ざっと見ても十数人。まだ動けるものもいるようだったが、それでも壁にもたれかかり、顔色がひどく悪い。
「ひどいな。しかし、そうか、水が流れているのか。こんな地下に、灯りも水もあるとは」
 ロイスのいうとおり、洞窟には細い水の道ができていた。くぼんだ地面に溜まった水は透き通っていて、水溜まりというよりもちょっとした池のようになっている。川は岩の透き間から隙間へと流れ、まるでこの空間のために水場を提供しているようでもあった。
 空間の端には、無造作に山積みにされた荷の数々。大小の鞄や布袋、種類は様々だ。
 彼らがろくでもない集団なのは明白だった。そもそも、まっとうな人間がこんな誘拐まがいのことをするとは考えにくい。
「絶好の隠れ家だというわけだな。手荒だとは思ったが、つまり君たちは、隠れなければならない身の上だということか。見たところ、このあたりの旅人を襲う盗賊団かなにかかな?」
 ロイスの口調には、非難の色が込められていた。問われた男は一瞬返答に窮する。キルリアーナをちらりと見て、それからうなずいた。
「そうだ。そうだが……頼む、お頭を、仲間を助けてくれ。いいわけするわけじゃないが、オレたちは殺しはやらない。獲物を見つけても、金品もぜんぶ奪うわけじゃない。お頭の方針なんだ。助けてくれるなら、足を洗うと約束してもいい」
「知るかよ」
 キルリアーナは一蹴した。心の底から、どうでもよかった。相手が悪人であろうが善人であろうが、関係ない。
「当然だな。また罪を犯す人間を、わざわざ助けることはできない」
 キルリアーナの一言を誤解したのだろう、ロイスがわけ知り顔でいう。キルリアーナはその場を離れ、溜まった水に手を差し入れた。少しすくって、舌先で舐める。
 笑みがこぼれそうになった。
 新しい味だ。
「オレが治した人間が、その後千人を殺すことがわかっていようが、オレのやることは変わらない」
 きっぱりと告げると、ロイスが目を見開いた。なにかをいおうとするのがわかったので、キルリアーナはそれを手で制す。彼の前を通り過ぎ、一人だけ二重の毛布のなかにいる男のもとへと歩み寄った。
 まだ若い男だ。キルリアーナを連れに来た三人や、ほかの男たちよりも若いかもしれない。ただし、土色をした顔からは、生気はほとんど感じられなかった。
「まあ、同じ病を一度に相手にする趣味はねえけどな。お頭さんってのは、とりあえず治してやるよ。あんただろ、綺麗な顔のにいさん」
 膝を折り、見下ろす。もう声も聞こえていないのか、問われた青年は微動だにしない。しかし、ほかの男たちの反応だけでも、正解なのは明らかだった。
「キル、本当に……助けるのか? いや、確かに、悪人であろうと生きる権利は……あるのかもしれないがないのかもしれない……ううむ」
「うるせえなあ」
 背後から青年をのぞき込むようにして、ロイスがなおもいう。キルリアーナはロイスを睨んだ。
「助けるんじゃねえ。治すんだよ」
 すぐに、視線を戻す。腰の布鞄から小瓶と布切れを取り出し、布を瓶の液体で湿らせた。その布で、ナイフの刃の部分を丁寧に拭う。
 ロイスや意識のある盗賊団の面々が、固唾を飲んで見守っているのがわかる。
 この緊張感は嫌いではなかった。また一つ、先へ進むための儀式。彼らはそこに立ち会っているのだ。
 身を屈め、倒れたまま動かない青年の胸ボタンを外していく。指先を首から滑らせて、ちょうど心臓があるあたりでとめた。
「失礼するよ」
 そっと、ナイフをあてる。
「……! おい!」
「いや……彼女は治すといったんだ。見ていたまえ。任せておけば、だいじょうぶだ」
 制止を求める声は、ロイスによって抑えられた。初めて役に立ったなと思いながら、キルリアーナはそのまま、ナイフを持つ手に力を込める。
 ナイフの刃と同じ形に、青年の胸元に線が描かれた。
 思い出したように、赤い血が薄い線に色を添える。それが流れ出てしまう前に、キルリアーナは傷口に口づけをした。
 青年の身体が、ほんの一瞬動く。痛みを感じているのかもしれないが、そんなことはキルリアーナにとって、取るに足りないことだ。
 血を、吸う。
 咥内すべてを血の味にして、そうして時間をかけて、味わっていく。
 充分に吸い上げると、顔を上げた。
 赤い唇の両端を、笑みの形にする。
「上出来だ」
 高揚していた。キルリアーナの内部が喜んでいるのがわかる。踊っているのだ。新しい血が、解け合っていく。身体のなかで、再構築されていく。
 キルリアーナはむき出しの腕で口元を拭った。
「おい、あんた……さっきから、なにを」
 ロイスに制され、黙って見ていた男が、おそるおそる声をかけてきた。文句をいうような口調ではない。ただ単純に、なにが行われているのかわからないのだろう。
「安心しろよ。無事、できたところだ」
 キルリアーナは上機嫌だった。弾みかねない声でそう答えてやる。しかし返事がないので、振り返った。
 男と、ロイスまでもが、怪訝そうな顔をしてじっとこちらを見ている。
 キルリアーナは肩を揺らした。彼女にとっては、この時点で終わっていた。続きは、ついででしかない。もしいまこの場を去ったら、彼らの表情はどう変わるのだろうか。
「できた、というのは? いったい、いまのでなにが」
 自分のときのことはすっかり忘れているのだろう。ロイスに問われ、キルリアーナは声を出さずに笑う。別段、隠すつもりもないが、見ていればわかることだ。
 青年に向き直る。
 横たわる頭の下に手を差し入れると、抱えるようにして、そっと持ち上げた。
「特効薬さ」
 そういって、躊躇なく青年の唇に自身のそれを重ねる。
 瞳を閉じて、体内で生成した『薬』を、流し込んだ。