×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Elixir
第五章 奇跡の薬 2




 ──愛しい愛しいキルリアーナ。

 サーラの笑顔は、いつでも思い出すことができた。
 彼女はいつだって微笑んで、キルリアーナの頭を撫でてくれていた。

 ──あなたは医師。あなたはひとを治し続けるの。

 生まれてから十年間、キルリアーナはサーラと共に暮らした。
 あらゆる知識を教わった。
 医療技術を学んだ。
 どんな怪我にも病気にも、その腕ひとつで挑むことができるように。

 ──けれど、あなたはパジェンズの医師。体内で薬を作り出す。
 いまはまだ、ほとんど力を持たないけれど。
 いつかそれは秘薬になる。
 体液を得なさい。
 できるだけたくさんの、体液を得なさい。
 健康な体液、病に冒された体液、どちらもあなたのプラスになる。
 そうしてあなたの体内で、エリクシルを生成するの。

 歌のように、呪文のように、毎日サーラはそういった。
 キルリアーナはただうなずいて、それを心に深く刻んだ。

 ──愛しい愛しいキルリアーナ。

 サーラは笑う。
 キルリアーナの頭を撫で、頬に口づけをする。

 ──いつか秘薬が完成したら、
 わたしとひとつになりましょう。


   *


 キルリアーナは目を覚ました。
 視界は闇だ。少しずつ目が慣れてきて、状況が見えてくる。
「……やるなあ」
 舌打ちするよりも、感心してしまった。
 眠ったときと変わらない、人の気配が一切ない部屋。部屋というにはあまりに質素で、かといって牢獄というほどでもない。倉庫かなにか、もしくは収納を目的とした部屋だといわれれば納得だった。といっても、荷物が積まれているわけではない。窓もなく、灯りもなく、用を足すための簡易的なトイレ──蓋付きの壺のようなものだ──が、端に置いてある。
 キルリアーナが感心したのは、相変わらず見張りがだれもいないということだ。
 部屋の外にはいるのかもしれないが、話し声も物音も聞こえない。
 これが、パジェンズの特性を知ってのことならば、感嘆せざるを得ない。
 お手上げだった。
「おーい。メシー」
 とりあえず声を張り上げてみる。
 当然のように、返事はない。
 キルリアーナは諦めて、壁に背を預けて座り込んだ。
 両手が縄で繋がれているが、それだけだ。自由がないというほどでもない。
 このまま、機を待つしかなかった。
 ドアの鍵は開きそうにない。それは眠ってしまう前に散々試した。
 さまざまな種の体液を得たキルリアーナの血は、いまでは毒薬としても充分に利用できる。元々の特性から、相手を魅了して隙を見ることもできるはずだ。
 しかしそのどちらも、相手がいないことには意味がなかった。
 いままで何度、こうして捕まったかは、わからない。
 一度や二度ではないことは確かだ。表向きにはパジェンズの医師は犯罪者であり、多額の賞金がかけられている。
 それでも、逃げおおせなかったことはない。
 油断せず、機会をうかがう──キルリアーナにできることは、それだけだ。
 ふと、思い出す。
 ロイスはどうしているだろうか。
 助けに来ようとしているかもしれない。彼ならば充分に考えられる。
 キルリアーナは極力、ひとと接触しないように生きてきた。体液を得るために病のもとへは駆けつけたが、用が済めばすぐに姿を消した。パジェンズの医師の治療法を知ると、畏怖の念を抱かれることがほとんどだった。礼をするといわれ、逆に捉えられそうになったことも多い。感謝されたこともあるにはあるが、どちらにしても、キルリアーナにとっては面倒なだけだ。
 サーラには、利用しろといわれていた。
 口癖のように、彼女はいい続けていた。
 ひとを利用しなさい。
 女であることを武器にしなさい。
 美しさを磨き、ひとと関わるすべを学びなさい。
 それはあなたのプラスになる──
 キルリアーナは、サーラのいうことはすべて正しいと思っている。
 しかしそれでも、ひとを利用することは苦手だった。
 女性であること、それ自体に、疲れ果てた。
 合理的だということは、理解している。
 プラスになるということも、わかっている。
 それは手段だった。目的へ到達するための手段の一つであり、ただの過程だ。
 そこに感慨はない。
 たとえば女性としての心だとか、恥じらいだとか、ためらいやそれとは逆の高揚感、そんなものはとっくに失っている。
 必要とあれば、やはりキルリアーナは、ひとを利用するのだ。
 そのたびに、目に見えないなにかが、どうしようもなく壊れていった。
 だからできるだけ、ひとりでいようと決めていた。
 しかしロイスは、そんなキルリアーナの前に、現れた。
「あいつは……」
 ふと、笑みが漏れた。
 ロイスは、キルリアーナに警戒心を抱かせなかった。
 また、利用しようという気にも、させなかった。それは計算ではなく、単に彼の技量の問題だろうとは思うが。
「ばかだからなあ」
 きっと、助けに来ようとするだろう。諦めてくれればいいとも思うが、彼は諦めないような気がした。
 どうにかして、ここまで助けに来てしまうかもしれない。
 そのときは笑ってやろうと、キルリアーナは思う。いったいどうして来たのかと、無駄なことをしたものだと、指をさして笑うのだ。あいつはどんな顔をするだろうかと想像して、また少し、笑みをこぼす。
 捜しているという女性には、会えたのだろうか。
 あの弟は、気を持ち直して、前進しているだろうか。
「いまは……寝て待て、だな」
 助けを待つのではない。
 自ら動く、その機会を。
 しかし目を閉じても、瞼の裏にはやはり、あの阿呆面が浮かんでいた。