×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Elixir
第一章 パジェンズの医師 1



 それは、突然降ってきた。
 布張りの屋根を柱ごと倒し、木箱に入れられた果物を一つ残らず巻き込んで、店と一緒に転がり落ちた。
 店主が不在だったことが幸いといえば幸いだろう。しかし、ちょうどその露店の陰に隠れようとしていたキルリアーナにとっては、あまりにも最悪のタイミングだった。
 あらがうことなどできるはずもなく、下敷きになる。
 脳が揺れた。全身に衝撃を感じたが、果物がクッションになったのか、それほど痛くはない。その代わり、粘着性のある液体がまとわりつく。果実がつぶれたのだろう。
 視界は闇だ。布が上から被さっているのがわかる。鼻をつく甘い匂いにまみれながら、抜け出そうともがいた。なにがどれだけ自分の上に乗っているのか、想像できるだけに動ける気がしない。そもそも降ってきたのは、おそらくは人間だ。まずはそれが自力で動いてくれないことには、どうしようもない。
 その人物に声をかけようと息を吸って、しかしキルリアーナは、それをそのまま飲み込んだ。
 息を殺す。
 路地にさしかかる、複数の足音。石畳を打ち鳴らすようにしてやってきたのは、二人や三人ではない。どっちに行った、こっちに違いない──男たちの怒声が飛び交う。
 キルリアーナは舌打ちしたいのを堪えて、長い時間をかけて息を吐き出した。なんてしつこいのだろう。飛び出していって全員を返り討ちにしてやりたい衝動に駆られる。そんなことは、できるはずもないのだが。
 心臓は静かだ。まだだいじょうぶ、冷静に、平静に──胸中で唱える。まさか崩壊した露店の下敷きになっているとは思われないだろう。自分なら思わない。
「おい、こっちにガキが来なかったか」
 心臓が跳ねる。しかし無論、それはキルリアーナに向けられたものではなかった。話しかけられたのは、上から落ちてきた人物のようだった。気を失っているわけではないのだろう、振動が伝わってくる。なにをいわれるかわからない。いつでも逃げられるよう、キルリアーナは心の準備だけは怠らない。
「ああ……もうしわけない。まさか、落ちるとは。まったく、危ないなあ」
 最悪の状況を想定したというのに、聞こえてきたのは、ずいぶんとのんきな男の声だった。もしかしたら、キルリアーナが下敷きになっていることを知らないのだろうか。
 落ちてきた人物を思い出そうとするが、わからない。あまりにも急なことだったのだ。アパートメントの二階から落ちたのだろうということだけ、かろうじてわかる。
「ガキを見たのか見てないのか! さっさと答えろ!」
 しびれを切らしたらしい男の怒声。しかしそれに答える声は、すぐには聞こえない。
「がき? ガキ……ええと」
 キルリアーナが聞いていても若干の苛つきを覚えるのだから、男たちにとってはなおさらだろう。
「見た、かなあ。見てないかもなあ。ちょっと酔ってしまっていてね。待ってくれ、いま思い出すから。ええと、ガキ、ガキ……」
 周囲にひとが集まってきているのがわかった。ざわめきがキルリアーナたちを囲み始める。
「……早くしろ」
「いや、急いでる、急いでるとも。だいじょうぶ、僕を信じて。ガキというと──そう、小さな子どものことだね、要するに?」
 埒が開かないとはこのことだった。キルリアーナは笑い出しそうになる。もちろん我慢したが、男たちにとってはそうはいかなかったようだ。
「もういい、行くぞ」
 吐き捨てるようにして、男がいった。諦めたのだろう、逃げるように、複数の足音が遠ざかっていく。
 キルリアーナは力を抜いた。ひとまずは安心だ。あとは、上に乗っている人物──どうやら昼間から酒を飲んでいるらしい──が、どこかへ行ってくれるのを待つだけだ。
 野次馬が集まっているなかで這い出していくのは、得策ではないだろう。辛抱強く、待つことにする。
「おっと、なんだろうね、みなさんお集まりで。今日はなにか、催し物でも? ちょうどいい、僕とお酒でも飲みますか。あれ、奥さん、やだなあ、なんで逃げるのかな」
 酔っていると自分でいっていたが、どうやら充分にできあがっているらしい。依然として崩れた露天を下敷きにしたままで、男の陽気な声が続く。
「いやあ、なに、もちろん僕の奢りですよ。女性に払わせるなんてとんでもない。お金なら……ああ、店に置いてきたのか。これはまいったなあ」
 なにがおもしろいのか、とうとう笑い出す。集まってきていた人々も、相手をするだけ無駄と判断したのだろう、ひそひそ声を残しながら、波が引くように遠ざかっていく。
 音が消えてから、たっぷり三十、キルリアーナは数えた。
 頃合いだろうというところで、今度こそどいていただこうと、肺に空気を入れる。
「だいじょうぶかい?」
 しかし、言葉が舌に乗るよりも早く、身体が軽くなった。布が取り去られる。突然の眩しさに、キルリアーナは目を細める。
 身をかがめてこちらをのぞき込んでいるのは、ブロンドの男性だった。緑色の瞳は凛々しく、すらりとした体躯を包むのは一目でそうとわかる上等な衣類だ。腰には、身なりに不釣り合いな──飾りだとすれば納得の、細剣を携えている。
 予想していなかった展開に、キルリアーナの反応は遅れた。
「だい……じょうぶ、だけど」
 馬鹿みたいに正直に、答えてしまう。先程までの酔っ払いとはまるで別人だ。まさか演技だったのだろうか。
 男はほほえんだ。右手をズボンでぬぐい、ごく自然な所作で差し出す。
「うまくいってよかった。追われていたんだろう? また会ったね、パジェンズの名医。僕は、君を助けたかったんだ」
 その手を握る気にはなれなかった。パジェンズという名を知っているというだけで、まずろくなことはない。
 キルリアーナは自力で起きあがると、膝を払って立ち上がる。
「オレはあんたに、会った覚えはねえよ」
 そう返して、すぐに顔をしかめた。
 酒臭い。
 酔っているというのが嘘だったとしても、相当な量の酒を飲んでいるのは間違いない。
「おっと、忘れてしまったのかな? 自己紹介をしたいが、いつまでもここにいるのは良い案とはいえないね。この店の親父はがめつくて有名なんだ。このままじゃあ、果物代を払うだけではすまされない」
「あんたがやったんだろ」
 思ったままを告げると、男は肩をすくめた。
「そういうことも、あったかもしれない」
 過去にはこだわらないタイプなんだ──そう続ける男に、キルリアーナは閉口した。これはだめだ。話の通じない類の人種だ。早々にあきらめ、深くは追求しないことにする。
 こういう人種にはできるだけ関わらないのが一番だ。関わってしまった場合は、あまり逆らわないのが得策だ。キルリアーナはとりあえず、感謝の意を示しておく。
「まあ一応、助かったよ、あんたのおかげだ。また会うことがあったら、ぜひ礼をさせてくれ」
 もちろん、そんなつもりは毛頭ない。もうこれ以上用はないですさようならの婉曲表現だ。
 だが、男には通じないようだった。それどころか、満足げにうなずいたかと思うと、突然キルリアーナを抱えあげた。
「子どもがそんな気をつかうものではないよ。第一、僕は君に恩返しをするチャンスを、虎視眈々と狙っていたんだ。なあに、任せなさい。僕の行きつけの店で君を匿おう。そこで風呂にも入らなくてはね、あまりにも不衛生だ」
「おい、おろせ!」
 細い腕に見えるのに、存外に力強い。どうにか逃れようとキルリアーナはもがくが、まったく離す気がないのだろう、男はあくまでにこやかに、さらに力を込める。
「ついでに服も新調しなくては。果実の汁はなかなか頑固だからね。このままでは、レディにもてないぞ」
「あんたなあ……!」
 キルリアーナは、男の勘違いに気づいた。気づいたが、指摘するのもばからしくなる。そもそも、そう思われるのには慣れている。
 どちらにしろ、なにをいっても男の態度は変わらないようだった。男はもうキルリアーナには注意を払わずに、颯爽と歩いていく。町の構造を熟知しているのだろう、裏路地を通り抜け、どんどん奥へ奥へ、進んでいく。
 キルリアーナには、もう抵抗する気はなかった。こうなったら、風呂と食事を世話してもらって、ついでに清潔な服をいただいたほうがいいだろう。そのための我慢だ、これは未来への投資だ──自分にいいきかせる。
 町の裏の、さらに奥へと進んでいくことも、好都合だった。キルリアーナが寝泊まりをしている宿もこのあたりだ。キルリアーナのそれとは異なるが、金さえ払えばだれにでも部屋を提供してくれる宿が、いくつも並んでいる。表のルールの通用しない、いわゆる無法地帯だ。
 しかし、男は歩幅もそのままに、さらに進んだ。この先にはもう宿もなく、人通りも極端になくなる。日が暮れたその後にだけ賑やかさを振りまく、夜の町がたたずんでいる。
 そのなかでも、一際いかがわしい界隈に足を踏み入れたあたりで、さすがに、キルリアーナは気づいた。というよりも、風呂屋ではなく、風呂のある店と男が表現した時点で、可能性に気づくべきだった。
 行きつけの店というのは、おそらく。
「やあ、いま帰ったよ、レディたち」
 まるで屋敷に帰りついた家主のように堂々と、男は店の看板をくぐった。
「あら、お帰りなさーい」
「ロイスちゃんったら、また外で浮気してきたんでしょお」
 わらわらと迎え入れるのは、香水の香りをまき散らした美女たちだ。とはいえ、顔面に化粧が塗りたくられているので、素顔のほどはわからない。キルリアーナは思わず、まじまじと観察してしまう。
「なあに、今日は人助けさ。風呂を貸してくれるかな。このいたいけな少年を洗ってやりたいんだが」
「あら、かわいこちゃん。もちろん、すぐに用意するわ」
 女のうちのひとりがウィンクをする。そこから目に見えないなにかが出たような気がして、思わずキルリアーナは避ける。
 表の看板に『愛の宿』とあったとおり、一応は宿ということらしい。外装は目のくらみそうな桃色だったが、内装は比較的落ち着いていて、白く塗られた木の壁が続いていた。時折飾られているいやに抽象的な絵画さえなければ、普通の宿といえないこともない。
 風呂まである宿となると、よほどの高級宿か、または寝食以外を目的とした宿の二択だ。ここはどう見ても後者だった。
 下ろしてくれと頼むのも忘れて、キルリアーナはロイスと呼ばれた男を見上げた。
 なぜか自信たっぷりの風格で、立っている。
 突然降ってきて、まるでそれが使命であるかのようにキルリアーナを助け、ヒーローのように──おそらく本人はヒーローのつもりなのだろう──抱きかかえてやってきたのが、この店。
 いったいどういう脳をしているのだろう。覗いてみたいものだと真剣に思う。
「じゃ、お姉さんが一緒に入って、きれいに洗ってあげようかしら。いいわよね、ロイスちゃん? ちょっとお高くなるけど、サービスするわよお」
「おっと、じゃあ僕も入ろうかな」
 茶色の髪の女性とロイスが笑い合っている。どうやら正真正銘、そういう店のようだ。
 キルリアーナはやっと、このままではいけないと悟った。ロイスの腕からおりて、丁重にお断りする。
「風呂は借りるよ。でも自分で洗える。あんた……ロイス? 服くれるんならくれよ。着替えたら、さっさと帰るからさ」
「いやん、残念」
 答えたのは女性のほうだ。ロイスは少し考えるような素振りを見せて、君がそれでいいのならとあっさり承諾した。まったく話の通じない相手というわけではないらしいと、キルリアーナは彼に対する評価を少し改める。
 女性の案内するままに、キルリアーナはついて行った。わざとなのか、そういう仕草が身についているのか、茶色の長い髪とついでに尻を左右に揺らしながら、女性が先導していく。女性は踵の高い靴を履いていて、ただでさえ背の低いキルリアーナの視界には、どうしても尻が入ってくる。見るのが礼儀だという気さえして、遠慮なく凝視した。なんという洗練されたフォルムだろう。抽象画ではなく、いっそ尻を飾ればいいのにとキルリアーナは思う。
「服は、捨てちゃったほうがいいかしらね? 洗ってもいいけど、この臭いとシミ、たぶんとれないわよお」
 気を取られていると、尻が心配そうにそういった。否、いったのは女性だ。
「捨てるよ。あいつが新しいのくれるらしいし」
「そう? そうね、それがいいわ。じゃ、脱いだのはそのままにしといてくれたら、こっちで処分するわね」
 一つだけ色の違う、大きな扉の前で立ち止まる。女性がそこを開けると、想像よりも大きな、とはいえこの町の大浴場と比べるにはあまりにも小さな湯船が、部屋の奥に構えていた。キルリアーナは内心でほっとする。普通の風呂のようだ。
「いまはあなただけの貸し切りよ。あるものは自由に使って。なにかあったら大きな声で呼んでもらえれば、だれかには聞こえるから」
 女性は優しく微笑んだ。わざわざキルリアーナの目線に合わせてかがみ、頭を撫でる仕草をする。顔よりも、大きく開いた胸元が強調され、キルリアーナはやはりそこを見てしまう。
「ありがとう、お姉さん」
 素直に礼をいうと、女性はひらひらと手を振って、尻を振りながら廊下を戻っていった。キルリアーナはその尻を見送って、浴場に足を踏み入れる。
 のんびりと湯浴みをするつもりも、もちろん浴場の雰囲気を堪能するつもりもない。扉を閉めると、躊躇なく衣類を脱ぎ捨てていく。
 ふと、鏡があるのが目に入った。ずいぶんと大きな鏡だ。ロイスでさえ、頭の先から足の先まで映し出せるだろう。くすんではいるが、これほどの鏡があるとは、この宿は実は高級宿の範疇に入るのかもしれない。
 そこにいる自分を見て、妙に納得した。
 肩より上、適当に短く切られた茶の髪。痩せた身体の上にのった顔には、ぎらぎらと大きな目。
 この店の女性たちとは、比べものにならない。
「まあ、少年だな」
 それが妥当だ。文句をいう気にもなれない。
 もう、それ以上は見なかった。迷いなく湯船に突進していく。脇に避けてあるついたてを、一応は扉と平行に置いた。目隠しをする必要も感じないが、マナーというやつだ。
 手桶があったので、まず身体を流した。頭から湯をかぶる。あたたかい。
 この湯のなかに入ってもいいものだろうかと、一瞬考える。おそらく問題ないのだろうが、ためらわれた。キルリアーナとしては、果物のべたつきと臭い、それから垢がある程度落ちれば、それで充分なのだ。
 このまま出ようかと考える。しかしそこで、思い当たった。そういえば、新しい服とやらは、どうなっているのだろう。
 ちょうどそのとき、浴場の戸がノックされた。
「やあ、ちょっと開けるよ」
 ロイスの声だ。返事を待つ様子もなく、なかへと入ってくる。
「湯加減はどうだい? せっかくだから、僕も一緒にいいかな」
 扉を閉める音、それからすぐに、服を脱いでいるらしい音まで続く。キルリアーナの反応など気にするつもりはないようだ。衣類は持って来たのだろうかと、キルリアーナにとってはその点が重要だ。
「いいけど」
 答えてから、思う。一緒に風呂に入ることは、キルリアーナの感覚では、問題がない。恥じらいの心を持ち合わせていないからだ。しかし、一般的にはどうか。
 彼は、勘違いしたままではないだろうか。
「もう出るから、そのあと入れば?」
 その提案は、善意のようなものだった。しかし、ついたてはあっさりと動かされる。
「男同士で、なにを遠慮しているんだい! せっかくなのだから、もっとゆっくりあたたまって、裸のつきあいを……」
 目が合った。
 ロイスはまったくの全裸だった。もちろん、キルリアーナもだ。
 お互いの動きが、止まる。
 キルリアーナは、ロイスの胸元を凝視していた。服の上から見るよりも、よほど頼もしい胸板。そしてそこには、縦に真っ直ぐ、大きな傷跡があった。
「あれ、あんた、もしかして」
 見覚えがある。しかし、ロイスはそれどころではなかったようだ。
 ゆっくりと、目を見開いたままで、彼の顔が上下する。
 濡れたキルリアーナの、多少ではあるが盛り上がった胸と、細い腰と、その下とを、緑色の目が映し出す。
 ロイスはそのまま、たっぷり三呼吸分、停止した。
「ああ、そっか」
 いおうとしたまま、忘れていた。キルリアーナはとりあえず隠すべきところを隠そうかとも思ったが、それをする手段もないので、結局そのまま告げる。
「オレ一応、女なんだけど。裸のつきあい、すんの?」
 ロイスは、ひどくゆっくりと、首を左右に振った。
 静かに、ついたてが戻される。
 その向こう側で、形容しがたい悲鳴のような声が、細く長く響いた。