×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トリックオアトリート



 

「トリックオアトリート、といってちょうだい」
 突然の要求に、怜は悟る。しまった逃げ遅れた。しかし、もうどうしようもない。
 悠良はほんのりと笑みを浮かべていた。どうやら上機嫌のようだ。なにを血迷ったのかエプロンまで着用している。
 今日は仕事はしないで宿で休んでいるといいわ──今朝いわれたその言葉に、馬鹿正直にやったーなどと喜んで、のんびりしていた己が悪いのか。これはもう観念するしかないのか。
 否。怜は胸中で己を叱咤した。
 諦めてはいけない。
 あくまで平静を装いつつ、ソファに寝そべった状態のまま、怜は悠良を見上げた。
「悠良ちゃん、エプロン似合ってるねー」
 とりあえずそんな方向から攻めてみる。脳はフル回転で状況打破を模索していた。そもそも相棒はどこに行ったのだろうか。彼ならばトリックオアトリートだろうがトリックアンドトリートだろうが喜んで唱えるだろう。悠良がそう望むのなら。
「ええと……啓ちゃんは?」
 もしかして一緒にいたのだろうか。それならばあるいは──希望を胸に、問う。
 しかし無残にもきっぱりと、悠良は答えた。
「食材の買い出しに行くといっていたわ。そろそろ戻ると思うけど」
「ああ、そう」
 そっと、悠良の手にした皿を見る。
 菓子が乗っていた。
 残念ながら、なんの菓子なのかまではわからない。おそらく菓子なのであろうという程度だ。
 だが、悠良が作ったものであることは、間違いない。
 特徴が顕著に表れていた。
 青かった。
 これでもかと、鮮やかに。
 悠良は、作った料理すべてを青色にするという特殊スキルの持ち主だ。
 料理の色のみならず、食べた者の顔色まで青く染め上げると定評がある。
 怜は考えた。
 考えた末に、素早く起き上がると、悠良に背を向けた。
「じゃ、そういうことで」
「怜」
 ぴしりと名を呼ばれる。
 怜は泣きたい気持ちで、振り返る。
「トリックオアトリート、と、いってちょうだい」
「……と……トリックオア、トリ……」
 いい終わるよりも早く、悠良が笑顔で菓子を差し出した。
 怜の意識は、そこで途切れる。

   *

 その光景に、莉啓はすべてを理解した。
 テーブルに置かれた、青い物体。
 床に転がる怜。
 うつぶせに倒れた状態でぴくりとも動かないので、表情までは見えない。しかし、見てしまっては夢にまで出てくることになるだろう。およその想像はつく。
 なにかと難のある男ではあるが、戦闘能力に長けていることは認めざるを得ない。その怜を、倒すとは。
 さすがは悠良。素晴らしい。
 半ば考えることを放棄して、そんなことを思った。本心ではあるが、半分が逃避だ。
「おかえりなさい、莉啓」
「ただいま、悠良」
 とりあえずはいうべきことをいって、買ってきた食材の袋を置く。
 悠良は柔らかく微笑んでいた。
 なんという輝かしい笑顔。
 莉啓は胸に手をあて、深呼吸する。
 覚悟を決めていた。
 彼女がなにを求めているのか、わかっていた。
 買い出しに行った折、店先にハロウィンの文字が踊っているのを見たのだ。まさかこんな事態になっているとは思っていなかったが、悠良が行事を楽しもうと計画し、自ら腕を振るったのであれば、その思いを無碍にすることなどできるはずもなかった。
 そう、悠良の笑顔のためならば。
 彼女が望むのならば。
 命など、取るに足らない。
「トリック、オア、トリート!」
 大きく息を吸い込むと、莉啓ははっきりと男らしく、いい放った。

   *

「もしかすると……」
 倒れる二人の従者を見下ろし、悠良は一つの可能性に思い当たる。
「料理の練習を、したほうがいいのかしら」
 真剣に思うこと、一呼吸分。
「まあ、いいわね、別に」
 悠良はあっさりと自らの考えを否定した。
 この時点ですでに、彼女の料理欲は満たされていた。正確には、飽きていた。
「私も寝ようかしら」
 のびをして、踵を返す。
 青い菓子を自らは決して食べることなく、菓子を作ったこと、及びそれに付随した不幸についてもきれいさっぱり忘れ去り、自室へと戻っていく。

 次に悠良の料理への熱が燃え上がるのは、おそらく、二月の中旬あたり──













────────────────
自己満足ですが久しぶりに。
この子たちを書くのはとても楽しいです。(2012/11)   
 
 
TOP