×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雪の夜のカボチャ紳士



 


 さんすう、きらい。
 なわとび、きらい。
 カボチャ、きらい。

 パパがいちばん、だいきらい。


「パパ、遅くなるって」
 携帯電話を置いて、残念な気持ちを隠すように、わざと明るい声でママがいう。
 わたしはくちびるをとがらせて、ふうんと答えた。
 だって知ってたもん。
 どうせ今日も、遅くなるって。
 一緒に晩ご飯食べようねの約束も、一緒にお風呂入ろうねの約束も、一緒に寝ようねの約束も。
 期待なんてしてない。
「じゃあ、先に食べよっか。いただきます」
「……いただきまーす」
 わたしのテンションはとっても低い。
 パパのいない夕食、わたしの嫌いなカボチャのグラタン。
 パパがいたら、がんばって食べないこともなかったけど。
 もうそんな気持ちもなくなってる。
 わたしはカリカリになったまわりのところをちょっとだけ食べて、結局すぐにごちそうさまをした。ママはぜんぶわかってるみたいに、すぐにお皿を引っ込める。
「パパ、ケーキ買ってきてくれるかもよ」
 ママがいたずらっぽくいって、わたしは膨らませたほっぺたにさらに空気を入れた。
 約束が守れない日、パパはいつもケーキを買ってきてくれる。
 大好きなケーキ屋さんの、大好きなケーキだけど。
 それはとても、うれしいのだけど。
「わたし、ケーキよりも」
 続きをいう気にはならなくて、なにをいいたかったのかももうわからなくなって、わたしは空気を飲み込んだ。

 パパは、わたしのこと、好きっていう。
 ないしょだけど、本当は、ママよりも好きなんだよって、調子のいいこという。
 わたしはもう七歳になって、早く寝なくちゃいけないことも、わがままをいってパパを困らせちゃいけないことも、ぜんぶちゃんとわかってる。
 本当は、帰ってくるまで待っていたいし。
 できるなら、駅まで迎えに行きたいし。
 手をつないで歩いて帰りたいけれど。
 そんなのはぜんぶ、できないことだってわかってる。
 でも……じゃあ。
「約束なんて、しなければいいのに?」
 ベッドに潜り込んで、頭までおふとんをかぶったわたしの耳に、知らない声が聞こえた。
 わたしは、目を開く。
 いまのは、なに。
 だれの声。
 ママの声じゃない。男の人の声だった。パパじゃない。もっと知らない声だった。
「ああ、怖がらないでください、レディ。僕は怪しいものではございませんよ。僕のことは……そうですね、カボチャ紳士と呼んでいただければ」
 わたしはそうっとふとんから顔を出して、それから飛び起きた。
「ママ──!」 
「おやおや。落ち着いて、おはなししましょう、ね?」
 落ち着けるわけがなかった。わたしのベッドのすぐ横に、カボチャ頭が立っていたんだから。
「怪しい! 怪しいカボチャ! 知ってる、世の中にはこわーい人がたくさんいるんでしょ! そういうの、オオカミさんっていうんだよ! オオカミさんは、わたしみたいにかわいい子をだますんだよ! だまされたってなったときには、もう遅いんだよ! 赤ずきんちゃんみたいに、わたしのこと、食べるつもりっ?」
 まくしたてても、カボチャは平然としていた。肩をすくめてから、いやみったらしくゆっくりと、おじぎなんてしてくる。
「オオカミさんではございません、カボチャ紳士でございます」
「……カボチャはそうやって人間みたいに立たないし、おはなしもしないもん!」
「そう、それは常ではございません。しかしてあなたは雪の日の夜に、外でそうしておはなしするのが常なので?」
 カボチャ頭にいわれて、わたしは気づいた。
 いつのまにか自分の部屋じゃなくて、家のなかでもなくて、雪の空の下にいた。
 真っ暗な夜。
 黒のなかで雪の白が、きらきらと光っている。まるで雪を光らせるために、ほかのぜんぶが遠慮したみたいに。
「ほら、常とは、ちがいますでしょう?」
 くりぬかれたカボチャの口が、にこりと笑った。
 わたしは何度も、まばたきをする。
 吸い込まれるように、カボチャ頭を見ていた。
 ずっとそこにいたように、そこにいるのがあたりまえのように、雪の真ん中に立っている、カボチャ頭のおかしな紳士。
「……夢?」
「ご褒美です。いつも私をおいしくいただいてくださっている、あなたに」
 カボチャを?
 おいしく?
 それは完全に人違いだ──そうは思ったけど、わたしは言葉を飲み込んだ。ごまかそうと思ったんじゃなくて、とてもびっくりしてしまって、声が出なくなっていた。
「わたし……」
 自分の手を、見る。
 声も、違う気がした。
 たぶん、七歳じゃない。もっと大きい、素敵なお姉さんの姿。
 そう、夜に出歩いていても、大人に止められないぐらいの。
「さあ、そのお姿なら、だいじょうぶ」
 カボチャ頭が杖を振ると、白いコートが現れた。わたしはうなずいて、駆け出す。
 望み。したいこと。いま、わたしが、したいこと。

 知ってる、これは夢。
 本当にあるわけない。
 胸を高鳴らせて、いつもはママと歩く道を、駆け抜けていく。
 長くなった足は思ったよりもずっと早くわたしを運んでくれて、あっというまに駅までたどり着いた。
 そこにはちょうど、パパがいて。
 大きくなってるのに、パパはわたしを見つけてくれて。
 デートみたいに手をつないで、二人で歩いた。
 約束守れなくてごめんねって謝ってくれて、ケーキ屋さんにもいっしょに寄った。
 いつものケーキを三つ買って、たくさんおはなしをしながら、おうちまでの道のりを、並んでゆっくり歩いていく。
 知ってる、これは夢。
 幸せな、幸せな夢。
 歩いているうちに、わたしの体は小さく小さく縮んでいって、そのうちにパパの腕の中にすっぽり収まって──
 ああ、あったかいなと思ったら、もうベッドのなかにいた。
 ベッドのなかの、夢のなか。
 ありがとう、パパ。
 約束どおり、今日、会えたね。
 おててつないで、歩いちゃったね。
 本当はね、
 パパのことね──


 次の日、いつもと同じ目覚まし時計の音で、目を覚ました。
 パパはもう会社に行っていて、ママは洗濯物を干していて、朝ご飯の代わりのケーキが、食卓に並んでいた。
「ねえ、ママ」
 お皿に載った茶色のケーキを眺めながら、わたしはママに話しかける。
 いままで、意味なんて考えなかったけれど。
 もしかして……これって、もしかして。
「パンプキンって、どういう意味?」
「あら、やっと気づいたの?」
 ママは笑って、教えてくれた。
 もう何度食べたかわからないのに、ぜんぜん気づかなかった。
「……だまされたっ」
 わたしはくちびるをとがらせて、ケーキのてっぺんに、フォークを突き刺した。


 さんすう、きらい。
 なわとび、きらい。
 カボチャと、
 パパは、

 ヒミツ! 










────────────────
企画参加作。
ひなたぼっこさまのイラストを元にしていますが、イラストは企画サイトなので、SSのコーナーに。

企画サイトへ