×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セリベート



 

 川で溺れているそれを助けたのは、ほんの気まぐれだった。
 犬が、溺れているのだと思った。けれど助けてみたら、それは小さな小さな人の姿をしていた。
人間の赤子よりも小さなそれは、しかし、完成された大人の姿をしていた。滴を振り払うように首をゆっくりと振ると、美しい女性だけが持つような艶やかな金髪が、水の重みさえも優美に思わせるかのように、ゆっくりと揺れた。

「助けてくれてありがとうございます。私の名は、セリベート。この川で何人もの人間を見てきましたが、冷たい水に濡れるのも厭わず、私を助けてくれたのはあなたが初めてです。さあ、あなたの願いごとを、なんでも叶えましょう」

 鈴を鳴らすような、甲高い、しかし決して不快ではない声。
 水浸しの少女は、ゆっくりと目を瞬かせ、それを見つめた。
 夢、なのかもしれない。
 でも、夢であるならば。

「お母さんが、病気なの。お医者様に診てもらうお金がないの。ねえ、お母さんの病気を、治して」
「わかりました」

 セリベートは、小さな両手を掲げ、何かをつぶやいた。その身体が輝いて、少女はまぶしさに目を閉じた。
 いつでも、私を呼んでくださいね──声が響いてきて、目を開けたときには、セリベートはいなかった。
 まるで何ごともなかったように、あたりはしんと静まり返っている。ばかばかしい、早く忘れてしまおうと、少女は首を左右に振った。
 本当に、何一つ期待をせずに、病気の母のため、帰路を急いだ。



 家の近くまできて、小さな違和感に、少女は眉を顰めた。
 木造の、古い家屋。何の香りもしないはずのその家から、柔らかい臭いが漂ってきていた。
 うんと小さいころ、まだ母親が元気だったころ、夕餉時に必ずしていた香り。
 扉を開けると、病気で伏せっているはずの母親が、当たり前のように料理をしていた。

「お母さん、寝てなくちゃだめじゃない!」

 母親は、健康そのものの笑顔を見せた。

「何いってるの、変な子ねえ。さあ、ごはんよ。早く、手を洗っていらっしゃい」



 夢ではなかったのだと知った。
 感謝の気持ちを伝えるために、少女は翌日も、川を訪れた。

「そうですか。喜んでいただけて、私も嬉しいです。それで、次の願い事は、なんですか?」

  少女は、驚いて目を見開いた。
 しかし次の瞬間には、瞳を輝かせていた。



 それからほとんど毎日、少女は川を訪れ、セリベートに願いを告げた。彼女の家の暮らしはどんどん豊かになり、彼女はどんどん美しくなり、これ以上ないほど、満たされていった。

「ねえ、お腹一杯、おいしいものが食べたいわ」
「ねえ、最近、雨漏りがするの。新しいお家に住みたいわ」
「ねえ、私、綺麗になりたいわ」
「ねえ、お金、お金がたくさん欲しいわ」





 一年が経ったころ、少女が川を訪れることはなくなった。

「やあ、久しぶり、セリベート。どうしたんだい、えらくご機嫌だね」

 小さな人の姿をしたもうひとりが、セリベートに話しかける。
 セリベートは、久しぶりね、と言葉を返した。

「少し前にね、食事をしたばかりなの。最高においしかったわ」
「セリベートはグルメだなあ。また、自分で料理したのかい」

 セリベートは、満足そうに微笑んだ。

「だって、醜い人間って、本当においしいんだもの」













────────────────
ダーク系童話。
エセプリカと似た雰囲気です。