×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネコのねがいごと



 


 オレは鳩。仕事熱心な鳩。
「あとひとつだな」
 書類に目を通しながら、上司がため息と一緒に言葉を吐き出す。上司というのは烏だ。その大きなからだ、長いくちばしで、いつだって偉そうに指令をくだす。それが嫌で、この仕事から抜けた仲間は数知れない。
 だが、オレは仕事熱心な鳩。そんなことはどうでもいい。
 あとひとつといわれたなら、あとひとつ、寝る間も惜しんでノルマ達成に努めるのみ。


 ──────


 あたしはネコ。ちょっとかわいそうなネコ。
 優太くんととっても仲良し。ううん、正確には、仲良しだった、ってことになる。
 あたしは、優太くんがうんと小さいころから知ってる。
 最初は泣いてばっかりだったのに、いつのまにか歩けるようになって、気がついたらランドセルを持って、あたしとはちがう時間を過ごすようになった。寂しいけど、それはしようがない。人間ってそういうものだって、あたしはちゃんとわかってる。
 あたしがかわいそうだっていうのは、そんなことじゃない。
 だって、あたしはまだ、優太くんといたかった。
 一緒に遊んで、一緒に笑って、一緒にあたたかい空気を感じていたかった。
「なんだ、暗い顔して」
 鳩があたしの隣に降り立った。あたしは思わず警戒したけど、公園で見る鳩とは、なにかがちょっとちがう。第一、いまのあたしに話しかけてくるっていうのが、もうふつうじゃない。
「あなたは、なに?」
「オレは鳩さ、仕事熱心な鳩。あんたは、いかにもかわいそうってふうだな。望みがあるなら、いってみな」
「いったら、叶えてくれるの?」
「それがオレの仕事なんだ」
 見るからに胡散臭かったけど、ほかに相手もいないから、あたしは話すことにした。
「優太くんに会いたいの。優太くんと一緒にいたいの。優太くんは、あたしのせいで、毎日悲しそうにしているから」
 鳩は、ガラス玉みたいな目をぱちくりさせて、ふぅむ、とうなずいた。
「なるほどね。いいだろう、オレがなんとかしてやる。まかせときな」
 
 
 ──────


 ぼくはにんげん。たぶん、世界じゅうでいちばんワルイにんげん。
 だいじな友だちに、ひどいことをいった。
 ずっといっしょにいて、ずっとなかよくしてきたのに、あの日ぼくは、とてもひどいことをいった。
 ダイキライっていった。
 シンジャエっていっちゃったんだ。 
 リィが、ぼくのだいじなものを、ぐしゃぐしゃにしちゃったから。
 母の日のプレゼントに、学校でかいたママのかお。すごくじょうずにかけて、すごいね、じょうずね、ってママがいってくれるのが、たのしみだったのに。
 そしたら、リィは、ほんとうにしんじゃった。
 車にはねられたんだってママはいったけど、ぼくは知ってる。
 ぼくがシンジャエっていったから、しんじゃったんだ。
「リィにあいたいな」
 ぼくは石ころをけとばした。
 学校からのかえり道だって、おうちについたらリィとおひるねしようかな、それともいっしょにあそぼうかなって、そんなことを考えてたらつまらなくなんてなかったのに。見えるものがぜんぶ笑ってるみたいで、きらきらしてて、なんだって楽しかったのに。
 でも、いまは、こんなにつまんない。
 リィにあいたい。
 あいたいよ、リィ。
「いたい」
 しんぞうのとこがいたい。かなしくて、いたい。でも、リィはもっといたかったはずだ。
 いたいところをつかんで、そのまま立ちどまる。
 そのとき、信じられないものを、みつけてしまった。
 大きな道のむこうがわに、小さな黒いネコ。
 そんなハズない。
 そんなハズない。
 わかっているのに、もう、そこしか見えなくなった。
 ママといつも行く、小さなスーパー。リィはお店のなかには入れないから、いつも入り口のとなりでちょこんとすわって待っていた。
 ぼくが出てくると、ニャアって鳴いて、ぼくにとびついてきた。
 ネコじゃないみたいに甘えんぼで、やさしくて、かわいいリィ。
 だいすきなリィ。
 まちがいない、ぼくが見まちがえたりなんてするわけない。
 リィだ。
 リィがいる。
 入り口のとなりにすわって、こっちを見ている。
 ここから見ると、リィはほんとうに小さくて、もしかしたらしんだから小さくなっちゃったのかもしれなくて、ぼくはどきどきした。
 ぼくとリィのあいだを、車が行ったりきたりする。それでもぼくは、リィから目をそらさなかった。
 あいにきてくれたんだ。
 むねのあたりが、ぎゅうってなった。うれしいのか、かなしいのか、わかんなくなった。なんだか、はながツンとして、泣きそうになる。
「ニャア」
 たしかに、聞こえた。
 リィが鳴いた。
 まちがいなく、リィの声だ。
 ぼくは、たまらなくなって、そのまま道へとびだした。

 
──────


 私は烏。動物たちの願いを叶える烏。
 といっても、いってしまえば中間管理職だ。部下にノルマを催促し、上司からはノルマを催促される、実につまらない日々。胃薬はもはや常備薬だ。
 しかし、私なりに、この仕事を気に入っている。
 動物たちの喜ぶ顔を見るのは、なかなかに気分がいい。
「ノルマ達成しましたよ」
 部下の鳩がやってきた。脇には小さなネコと、小さな人間。
 なぜ人間を連れてくるのかと、疑問を覚える。しかし、そのネコには見覚えがあった。私は、すべてを理解した。
「なるほど、君か。君の願いはなかなか興味深かった。死した身でありながら、大好きな人間に会いたい、一緒にいたい……君の願いを叶えるにはどうしたものかと思ったが──ふむ、私の部下はなかなか上手にことを運んだようだ。さあ、これからはずっといっしょだ。思う存分、楽しむといい」
 鳩が満足げに胸を張る。なぜだか、人間は泣いている。
 ネコは、満面の笑みを私に向けた。  











────────────────
5分企画参加作です。
テーマは動物。
ダークなのは私の趣味です。