×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エセプリカ



 



金色の目の エセプリカ
あなたの 瞳は 金色で
きらきら きらきら 光ってる

金色の目の エセプリカ
かわいい かわいい エセプリカ
だれもが あなたを 愛すでしょう

金色の目の エセプリカ
ずっと きれいで いたいから
あなたを 食べても いいですか



「懐かしい歌を歌っているのね」
 声をかけられ、少女は振り返った。
 長いブロンドに、茶色の瞳。エプロンドレスを着た、人形のような少女。
 声をかけた主は、少女の容貌に目を見張った。
「驚いた……。天使かと思ったわ、お嬢ちゃん。でなければ……そう、まるで歌のなかから、エセプリカが出てきたのかと」
「ここ、取り壊しちゃうの?」
 少女は、まったく別のことを口にした。
 女は寂しそうに微笑んで、首からぶら下げた十字架にそっと触れる。
「そうね。お嬢ちゃんが天使だったとしても……もう、遅かったわ。この教会は、なくなってしまうの」
「かみさまが住んでいるのに?」
「もうどこかへ行ってしまったのよ」
 少女は、女の胸元の十字架を、それから正面に堂々と掲げられた大きな十字架を、見た。
 ここに在る事実は変わらないけれども、もうここには、いない。
 所詮はひとの心のなかのものだから。
「へんなの」
 責められるようにまっすぐ見られ、女は、少女の大きな瞳から、少しだけ目線をはずした。
「仕方ないわ。一年前に大きな結婚式があったのだけど……その二人が、不幸な結果になってしまったの。それからは、だれもここへは訪れない」
「へんなの」
 もう一度繰り返し、それから少女は、かすかに唇で笑顔の形を作った。
「でもそれは、あたしには関係ない」
 少女は跳ぶように立ち上がり、ふわりとスカートを翻した。
上目遣いに、女の顔をのぞき込む。
「ねえ、お姉さん。あたし、お腹が空いてるの。ごはんを食べさせて」
 女はゆっくりと目を瞬かせ、それから思わず吹き出した。
「とんでもない天使ね! いいわ、何か作ってあげる。いらっしゃい」
 女はそっと右手をさしのべた。少女はその手をつかみ、満面の笑みを浮かべる。
「ありがとう、お姉さん」

 教会の裏側には、質素な造りの民家が建っていた。民家というより、小屋に近い。一日、二日宿をとるのに使われる類の、最低限の設備しかないようだった。
「お姉さんは、シスターさんなの?」
 女はエプロンをつけながら、小さく笑った。
「違うわ」
「ここに住んでいるの?」
「いまはね」
 言葉少なに返し、キッチンに立つ。少女は許可も得ず、木の椅子に腰かけ、テーブルに頬杖をついた。足をぶらぶらさせながら、家のなかを見渡す。
 風の冷たくなる季節だというのに、窓という窓がすべて開け放たれている。床には絨毯、その上にテーブルが一つと、椅子が二つ。辛うじてタンスはあるが、暮らしているにしては、生活感がない。第一、どこで寝ているというのだろう。
 ぺたりと頬をテーブルにつけ、少女は料理をする女を見た。
 黒いワンピースの、痩せた女。
「ねえ、エセプリカって、知ってる?」
 こちらを振り返らずに、女は答えた。
「知ってるわ。さっきあなたが歌ってた、金色の目のエセプリカ」
 肉と野菜を炒めたものを皿に盛り、テーブルへと運ぶ。
 ことり、と皿を置き、スプーンを少女に渡した。
「小さいころ私も歌ったし、おとぎ話も聞かされたわ。エセプリカの肉を食べると、いつまでも若く綺麗でいられる、ってお話」
「おとぎ話なの?」
「おとぎ話よ。昔は何も思わなかったけど、いま思うと残酷な話よね。食べる、だなんて」
「これも、お肉」
 少女は、スプーンでこんがりと焼けた肉をすくった。いただきます、とつぶやき、口へ運ぶ。
「ざんこく?」
 困ったように、女は笑っただけだった。
「お姉さんは、食べないの?」
 皿は一つだけだ。女は少女の向かい側に腰かけて、こちらを見ている。
「お腹空いてないの?」
「食べたくないの」
 やわらかく、しかし強い意志で答える。
 少女は、小首をかしげた。
「死んじゃうよ?」
 ひどく痩せた身体。
 目の下には、はっきりと隈が刻まれている。
「いいのよ」
「帰ってこないから?」
 女は、かすかに、目を見開いた。
 無邪気に問いかけてくる少女の目を見た。
 聞き間違いだろうか。
「……なに?」
「あいするひとが、帰ってこないから?」
 少女はスプーンを置き、跳ぶように立ち上がると、絨毯をめくった。その下にあった、地下へ続く扉を見て、わざとらしく鼻をつまむ。
「ねえ、これ、もう腐ってるよ」
 女は動けない。
「一年前に結婚した年下のカレは、すぐにもっと若い女の人と、出て行っちゃったんだよね? かわいそう。でも殺しちゃうことないのに。神父さんも、シスターも、若い女の人も──」
 少女は、女の隣へ回り込み、その左手にそっと触れた。愛おしそうに、もうぶかぶかになってしまった薬指のリングに、口づけする。
「──お姉さんの、あいするひとも」
 女は少女の手を振り払い、少女は床へたたきつけられた。
震えながら、少女を見下ろす。茶色の瞳を細め、少女は笑った。
「どうして驚いているの? お姉さんが呼んだから、来たのに」
 女の表情から、徐々に、驚愕の色がなくなっていった。やがてその唇が、笑みの形に、ぐにゃりと曲がった。
「お嬢ちゃん、あなたの、名前は?」
「エセプリカ」
 ああ、と歓喜の声を上げ、彼女は少女を抱き上げた。我が子を抱くように、ほおずりをして、愛しさに瞳を伏せる。
「待ってたわ、エセプリカ! あなたがいれば、彼が帰ってくる! 私は誰よりも綺麗になって、彼の愛を一身に受けることができるんだわ!」
 女は少女を抱いたままキッチンへ行き、包丁を手に取った。
「さあ、あなたを食べさせて──!」
 少女は笑った。
 瞳の茶の色は、ゆっくりと金に染まった。
 金色の目。
「いったでしょう、ごはんを食べさせてって」
 鮮血が散った。


金色の目の エセプリカ
ずっと きれいで いたいから
あなたを 食べても いいですか


 少女は歌いながら、木の椅子に腰をかけ、足をぶらぶらと揺らす。
 横たわる食料を見下ろした。
「ありがとう、お姉さん」













────────────────
友人とのコラボのために書いたものです。
その後、友人が漫画化してくれました。

漫画については、リンクから阿蒼瀬名さまの『緑茶日和』へぜひ。