×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぼくはシチュー



 

 ぼくはシチュー。
 とってもおいしい、ホワイトシチュー。
 そんじょそこらのシチューとは、わけがちがう。ママさんが、小麦粉とバターと牛乳で、一から作ってくれたんだもの。
 ママさんは、ちいさなちいさな赤ちゃんを背中におんぶして、ずっとずっと長い間、ぼくのそばにいてくれた。
 知ってる?
 シチューのもとになる、ホワイトソース。ちょっとでも気を抜くと、ダマになったり焦げたりするんだ。
 だからママさんは、ずっとぼくをかき混ぜていてくれた。
 おかげでぼくは、とろとろ、とろとろ、真っ白なホワイトシチュー。
 赤ちゃんも、ぼくを食べてくれるのかな?
 どんな顔して、食べてくれるのかな?

「じょうずにできた」
 ママさんがほほえんでる。
 ぼくもうれしい。
 ねえ、もうそろそろ、食べごろだよ。はやく食べて、もっとすてきな笑顔をちょうだい。
 ぼくはそれが、なによりうれしいんだ。
 そのために、生まれてきたんだ。
「パパの好きなシチュー、じょうずにできたよ。今夜はパパはやいっていってたから、みんなで食べようね。パパ、喜んでくれるといいね」
 赤ちゃんは背中で眠っていたけど、ママさんはやさしい声でそういった。
 ぼくは、なんだかわくわくしてきた。
 ママさんと、パパさんと、赤ちゃんと。
 みんなで、笑って、食卓を囲んで。
 ぼくは、そんなしあわせな空気のなかで、食べてもらえるんだ。

 ママのポケットで、ぶるぶるとなにかが震えた。
 ママさんが、背中の赤ちゃんを気にしながら、小さな声でハイという。
「……え? そうなの? ううん、わかった。帰り、気をつけてね」
 とても沈んだ声。
 さっきのママさんとは、ちがうひとみたい。
「パパ、遅くなるって。じゃあ、シチューは、明日の朝にしようね」
 ちょっと泣きそうな声だった。
 ぼくも悲しくなってしまう。
 ママさん、いっしょうけんめい作ってくれたのに。楽しみにしてたのに。
 ねえ、でも、だいじょうぶ。
 朝までじっくりねんねしたほうが、ぼく、きっとおいしくなるよ。
 いまよりずっとおいしくなるよ。
 ねえ、ママさん、だからそんな顔しないで。
 ぼく、自信があるんだ。
 ぜったいおいしくなってみせるから。
 
 ママさんが、ぼくにふたをする。
 ようし、がんばるぞ。
 まだ寝るにははやかったけど、ぼくはおいしくなるために、はやくはやくと目を閉じた。




 その夜、ぼくは夢を見た。
 ママさんと、パパさんと、赤ちゃんが、おいしいってぼくを食べてくれる夢。
 いっぱいの笑顔に包まれて、いっぱいの幸せに満たされて、ぼくはとろけてしまいそうだった。
 ぼく、きっとおいしいよ。
 だって、ママさんの愛がね、いっぱいいっぱい入っているんだ。



 朝になって、ふたが開けられた。
 ぼくをさいしょにのぞきこんだのは、パパさんだった。
 つかれた顔のパパさん。ママさんはどうしたんだろう?
 ああ、赤ちゃんの泣き声。そっか、赤ちゃんが泣いてるんだね。
 パパさんが、コンロのスイッチを入れる。
 朝一番で、ぼくのからだに火がとおる。
 
 ──? ねえ、待って。
 待って、待ってパパさん、どこに行くの?
 だめだよ、だめだよ、熱いよ。
 熱いよ、ねえ、もっと火を小さくして。ねえ、ちゃんとかき混ぜて。
 ああ、ああ、ぼくの真っ白なからだが、茶色くなっていく。
 だめ、だめ、どんどん黒くなっていく。

 赤ちゃんが泣いてる。
 赤ちゃんをなだめる、ママさんの声が聞こえる。
 遠くから、シャワーの音。
 だれもぼくに気づいてくれない。
 だれもこっちに来てくれない。
 だめだ、もう、だめだよ。
 もう、どうにも、ならないよ。


 ぼくは、
 ぼくはね、
 おいしいっていわれたかった。
 笑顔を見せて欲しかった。
 食べて、欲しかったよ。



 ぼくはそれ以上、なにも考えられなくなった。
 遠のく意識の片隅で、ママさんの悲鳴が聞こえたような気がした。













────────────────
この物語はフィクションです。
シチューを焦がしたショックをぶつけたものです。